【血液落とし】女性も男性もついた血液を落とす方法!


寝ている間に「女性なら月一の訪問者、男性なら蚊に刺されたところをボリボリ」しているうちに、シーツなどのリネンに血がついちゃった〜〜〜〜〜〜!なんてことはありませんか?

「きゃー」と思って落とそうとしてもなかなか落ちないのが血液。


血液はタンパク質と色素で構成されています。かさぶたになるのは、このタンパク質部分。

血液中のタンパク質は30度以上のお湯で固まってしまい、落ちにくくなるため、すぐに落としたいときは急いで「水」で洗ってください。

もし洗剤が手に入るなら、タンパク質を分解できる「弱アルカリ性」の洗剤を選んでください。

私のオススメは「小林製薬 サラサーティー ランジェリー用洗剤」です。

一本あれば家族のアクシデントに利用できます。

ちょっと時間の経った血液にも対応できます。


しかし!

お泊まり先などで起こってしまった場合。


1. すぐにコンビニに行って【コンタクトレンズの洗浄液】を購入してください。

お泊まり用なら100円で買えます!

コンタクトレンズについた汚れはタンパク質であることが多いので、洗浄液にはタンパク質の分解酵素が含まれています。そのため、血液汚れにも効果があります。


2. お友達のお家などの場合

【マジックリン】があるかを聞いてみてください。

マジックリンには血液の汚れを落とすのに有効なプロテアーゼという成分が入っています。血液を落とすにはアルカリ性か弱アルカリ性が適しているので、

アルカリ性の「マジックリン」「マジックリンハンディスプレー」

弱アルカリ性の「キッチンマジックリン」「ガラスマジックリン」「ワイドマジックリン」があったらお借りしましょう。


3. レストランでなってしまった場合

【大根おろし】があるか聞いてみましょう!

大根おろしに含まれる酵素のジアスターゼがタンパク質を分解する働きがあります。このジアスターゼは、血液だけでなく卵の黄身や牛乳シミなども落とすことができます。


いずれにして、ハンカチやガーゼにつけてトントンと叩いてみましょう。

ゴシゴシすると広がってしまうので気をつけてください。


ちなみにこの作業ですが、弊社の「客室清掃部」で行なっております。

意外と血液をつけられる方が多いのです。

その際に、スタッフが追加の作業になってしまうため、2000円追加でいただいております。

そんなことがないように、ぜひ緊急対処法を覚えておいてくださいね!



特集記事
最新記事